マスターファイルテーブル(Master File Table・MFT)とは|データ復旧ならデータレスキューセンター

いまさら聞けないパソコン基礎知識

データ復旧:トップデータ復旧:トップ > いまさら聞けないパソコン基礎知識 > マスターファイルテーブル(Master File Table・MFT)とは

マスターファイルテーブル(Master File Table・MFT)とは

WHAT IS MFT?

Windowsで使用されるNTFSフォーマットのハードディスクにはMFT(マスターファイルテーブル)というデータが先頭部分に存在します。MFTは、本でいう目次のような情報となります。
ハードディスクをNTFS形式でフォーマットすると、先頭にはブートセクタが書き込まれ、その次の領域にMFT用の領域が作られます。通常、MFT用の領域としてハードディスク容量の数%の領域が確保されます。

ちなみに、NTFS以前に使用されていたFAT32形式だと、ファイル名や属性情報はディレクトリエントリに、データが書き込まれている部分の情報はFAT(ファイルアロケーションテーブル)に分割して情報が格納されています。

ハードディスク NTFS形式フォーマット

ファイルやフォルダの属性、名前のほか、ハードディスク内のデータ領域のどの場所に実際のデータが保存されているかの情報がMFTに保存されています。そのため、データをハードディスクに保存する際にはMFTとデータ領域の2カ所に情報が書き込まれます。
ただし、実データサイズが小さいときには、ファイルそのものがMFTの中に直接保存されることもあります。データが一カ所に集約されることになり、小さいファイルが大量にあるような場合はMFT領域だけを使用するので、無駄にデータ領域を使用しなくて済みます。

ハードディスクの末尾の部分にはMFTのコピーが保存されており、先頭部分のMFT領域が壊れたときのバックアップになります。MFTのコピーはオリジナルの情報が更新されたタイミングで同時に更新されるようになっており、状況によってはオリジナルのMFTの本体とコピーの両方が破損した状態となります。そうなると修復できなくなるので、コピーがあっても安心はできません。

MFTが壊れると、突然にファイルが消えたり、文字化けしたり、フォルダにアクセスできなくなったりします。その場合は、Windowsのチェックディスクなどの機能を使ったMFTの修復でデータが復旧できる場合もありますが、チェックディスクを行うことで、逆にデータが消えてしまう場合があります。もし、パソコンでチェックディスクの実行を要求するメッセージが表示されてもすぐに実行せずに、まずは保存されているデータを、別のハードディスクへのバックアップすることをお勧めします。

MFT領域を直接参照すると、ファイル名が書き込まれていることが分かります。

MFT領域イメージ

「sample.txt」というファイル名がMFT領域内に確認できます。この、MFTが管理するファイル情報は、1ファイルあたり通常1キロバイトの容量が割り当てられ、この中にファイル名や属性情報、データ領域内にあるデータ本体のアドレスなどが記録されています。

ハードディスクに保存されたファイル数が多くなるとMFTの容量が不足してしまいます。その場合は、ハードディスク内にあらかじめMFTの拡張用に予約されていた部分に自動的にMFT領域が拡張されます。その際に、MFTの領域が分散してしまうため、アクセス速度や安定動作に影響が出る場合があります。そのため、小さな容量のファイルを大量に書き込む場合は、その分MFTが破損するリスクが高まることになります。
なお、一度拡張されたMFTは、保存したファイルを削除しても元のサイズに戻りません。ハードディスクをフォーマットして新しいMFTにすることで容量は小さくなりますが、フォーマット前にはデータのバックアップを忘れずに行ってください。

また、ハードディスクへのファイルの読み書きや削除などを頻繁に行うと、MFTやデータ領域の断片化が進み、パソコンの動作に問題が生じる原因となります。なお、Windowsにはデータ領域の断片化を解消するデフラグ機能がありますが、MFTの断片化の解消は出来ません。さらに、デフラグにより正常だったデータも消えることがありますので、デフラグを行う際は事前にデータをバックアップするなどの注意が必要です。

Windows上でファイルを削除した場合、MFT領域にある情報が破棄されるため、ファイルへのアクセスができなくなりますが、ファイル本体はデータ領域に残っているため、ファイルの痕跡を探し出しデータの救出が可能です。同様に、MFTが何らかの原因で破損し、コピーからの復帰もできない場合でもデータを復旧することができます。

「マスターファイルテーブルが壊れています」「ディスクからマスターファイルテーブルを回復しようとしています」「マスターファイルテーブルを回復できません」などのエラーが出た場合でもデータ復旧は可能ですので、お気軽にデータレスキューセンターまでお問い合わせください。

  • 法人・個人のお客さま 共通フリーダイヤル0120-110-419 年中無休 土日祝日も朝8時〜夜24時まで営業(通話・相談無料)
  • 初めてのお客様へ
  • お申込方法

このページの先頭へ戻る

  • 株式会社アラジン データレスキューセンターは、プライバシーマーク認定企業
  • 株式会社アラジン データレスキューセンターは、ISO27001認証企業
  • このマークはウェブサイトを安心してご利用いただける安心の証です。