MO修復・復旧・復元・修理等のデータ復旧・復元事例 | データレスキューセンター

MOデータ復旧事例

データ復旧:TOPデータ復旧:トップ > データ復旧事例 > MO

MO

MO

データレスキューセンターでのMO修復・MO復旧・ディスク修復の事例を一部ご紹介させて頂きます。高い技術と豊富な経験で、迅速にお客様のデータを復旧・復元させて頂いております。

フォーマットしたMOからのデータ復旧

媒体 MO 640MB
障害内容 USB接続のMOドライブで誤ってフォーマットをかけてしまい、途中で気がついてUSBケーブルを抜いたところ、MOディスクにアクセスすると、「フォーマットしてください」と表示が出るようになった。
結果 フォーマットによる構造情報の破損。前構造の再構築を行い、最終的に100%(1,740ファイル/411MB)データ復旧可能。

認識できないMOディスク修復 その1

媒体 MO 640MB
障害内容 画像データの保存に利用していたMOが、エラーになり参照が出来ない。
結果 リードエラーが発生し、先頭より400セクタが読み出しできない状態でしたが、構造の再生を行なうことで、最終的に100%(3,912ファイル/314MB)のデータが修復可能。

認識できないMOディスク修復 その2

媒体 MO 640MB
障害内容 計測データを書き込むため、専用機でのMOの利用中、「ファイルの書き込みに失敗しました」とメッセージが出て、以後アクセスすると、「フォーマットしますか?」とメッセージが出るようになった。
結果 リードエラーが発生し、通常アクセスではMOディスクを見失う状態でしたが、強制読み出しを行なうことで、最終的に100%(1ファイル/29.5MB)のデータが修復可能。

認識できないMOディスク修復 その3

媒体 MO 640MB
障害内容 職場のパソコンを使用中、突然画面が暗くなり、次に立ち上げたらMOディスクを認識できなくなっていた。
結果 リードエラーが発生していましたが、108セクタを残し読み取りに成功。区画情報・ディレクトリ構造に欠損がありましたが、修復処置を施す事で、最終的に99%(518ファイル/248MB)のデータが修復可能。

「フォーマットしてください」とエラーになるMO復旧

媒体 MO 640MB
障害内容 ノートPCのUSBポートにUSBハブを取り付け、MOドライブとデジカメを接続。デジカメからMOにデータを移行しようとしている最中に、電力不足でMOドライブの電源が落ち、それ以降、MOディスクの読み込みが出来ず、フォーマットを要求される。
結果 構造情報が破損している状態でしたが、構造情報の再構築および、ファイル情報による切り出しを行い、最終的に100%(837ファイル/400MB)データ復旧可能。

ドライブごと落下したMOディスクの修復

媒体 MO 1.3GB
障害内容 SONY VAIOにUSB接続されていたMOドライブが机から落下し、1.3G MOが読めなくなり、フォーマットしてくださいとメッセージが出る。
結果 リードエラーが発生していましが、2,483セクタを残し読み取りに成功し、FAT及びディレクトリの欠損がありましたが、修復処置を施す事で、最終的に98%(6,124ファイル/952MB)がデータ復旧可能。
  • 法人・個人のお客さま 共通フリーダイヤル0120-110-419 年中無休 土日祝日も朝8時〜夜24時まで営業(通話・相談無料)
  • 初めてのお客様へ
  • お申込方法

このページの先頭へ戻る

  • 株式会社アラジン データレスキューセンターは、プライバシーマーク認定企業
  • 株式会社アラジン データレスキューセンターは、ISO27001認証企業
  • このマークはウェブサイトを安心してご利用いただける安心の証です。